安くてオススメのインターネット回線について⇒

安くてオススメのインターネット回線について

安くてオススメのインターネット回線について

『安くておすすめのインターネット回線が知りたい!』

今では、わたしたちの生活になくてはならないインターネット回線。毎月の支払いを少しでも抑えたいですよね。

この記事では、「自分に合ったインターネット回線とは何か?」と「安いインターネット回線を選ぶポイント」を紹介し、さらに、おすすめの回線とお得に契約ができる方法も紹介するので、ぜひ参考にしてください。

自分に合ったインターネット回線とは?

結論を先にお伝えすると、「最も安いインターネット回線はここです」とは一概に言えません

それは、インターネットを使う人の環境や条件がそれぞれ異なっているので、最もお得で安くなるネット回線が人によって異なってくるからです。

「インターネットを使う目的」、「地域」、「戸建てやマンションなどの家の種類」、「契約しているスマホの種類」などなど…。これらの前提条件は人によって様々です。しかし、これらの条件を意識せずに契約をしている人はたくさんいます。

自分の条件に最も合ったインターネット回線を選ぶことで、インターネット回線の料金を、今よりも安くできる可能性は十分あります。

  • インターネット回線の種類
  • 戸建て、マンションなどの住居形態の違い
  • プロバイダの違い
  • キャンペーンやキャッシュバックの違い
  • 工事費などの初期費用の違い

これらの違いを抑えることで、自分に最も合ったインターネット回線をみつけることができます。

インターネット回線の種類

インターネットの固定回線は、主にNTT東日本・西日本が提供しているフレッツ光や、そのNTTのフレッツ光の回線を借り受けて、他の事業者がサービスを行っている「光コラボレーション」。さらに、auひかりやNURO光、電力会社が運営している独自の光回線などがあります。

まず、どこのサービスを選ぶかによって、料金は大きく違ってきます。

総じて「フレッツ光よりも光コラボレーションや独自回線の方が料金は安くなる」、ということを知っておきましょう。

また、最近では、単身世帯を中心に、WiMAXなどのモバイル回線(ポケットWiFi)を固定回線代わりに使っている人も増えています。

<例:回線種類別の料金の比較>

プラン 月額料金
フレッツ光 戸建て
フレッツ 光ネクスト
ファミリー・ギガラインタイプ
5,400円+プロバイダ料金(約1,000円)
ビッグローブ光(光コラボ) 戸建て
(ファミリータイプ)
4,980円
WiMAX ギガ放題 3,880円

戸建てとマンションの料金

居住タイプの種類によっても料金は大きく変わります。

ほとんどの回線サービスでは、戸建てと集合住宅(マンションなど)の場合で、料金の体系が違ってきます。そして、戸建てよりもマンションの方が料金が安くなります

マンションの場合、ひとつの設備を複数の住人で共有し、また、まとまった契約を確保できることで、料金が安くなるのです。

戸建てとマンションで料金が変わること、そして、マンションの方が安くなることを知っておきましょう。

<例:ソフトバンク光の戸建てと集合住宅の料金の違い>

戸建て 集合住宅(マンション)
ファミリー・ギガスピード
2年更新
マンション・ギガスピード
2年更新
5,200円 3,800円

プロバイダの違い

基本的な話ですが、インターネットを使うための料金は以下のようになっています。

  • インターネットの料金=ネット回線料金+プロバイダ料金

ネット回線料金とは、文字通り、インターネット回線を使うための料金です。プロバイダ料金は、インターネットを接続するためのサービスを行っている会社に支払う料金です。

光コラボレーションでは回線料金とプロバイダ料金が一緒になっていることが多いです。

しかし、フレッツ光の場合は、光回線とは別にプロバイダとも契約をしなくてはいけません。プロバイダ料金は選ぶプロバイダによって、微妙に違ってきます。

<NTT東日本 フレッツ光のプロバイダ料金の違い(戸建て)>

GMOとくとくBB 760円
@nifty 1,200円
A-Net 980円

キャンペーンやキャッシュバックの違い

光回線を提供している各社は、それぞれ独自のキャンペーンやキャッシュバックを行っています。

  • 回線を提供する会社が公式で行っているもの
  • プロバイダが行っているもの
  • 光回線の契約を代行する「代理店」が行っているもの

など、様々です。

キャンペーンは大々的に行われているので、みなさんも「最大〇〇円キャッシュバック!」といった広告を見たことがあるのではないでしょうか?このキャンペーンやキャッシュバックによって、安く契約できるかが大きく変わるのも事実です。

工事費や事務手数料などの初期費用

インターネット回線を契約する時の工事費や、事務手数料でも料金に大きな差が出てきます。

特に工事費用は数万円かかる場合が多いです。

この工事費用をキャッシュバックしたり、複数年の契約を結ぶことで、実質無料にできるキャンペーンを行っている回線もあります。

<初期費用の例(戸建ての場合)>

NTT東日本 フレッツ光 工事費用:18,000円
事務手数料:800円
ビッグローブ光(3年契約時) 工事費用:30,000円
→キャンペーンで実質無料
事務手数料:3,000円
コミュファ光 工事費用:25,000円
→キャンペーンで実質無料
事務手数料:700円

より安い回線を選ぶためのポイント

「インターネット回線の利用にかかわる料金はどこで差がつくのか?」を知ったところで、より回線を安く使うために知っておきたいポイントを紹介します。

最も重視するのはスマホとのセット割

インターネット回線を選ぶとき「契約しているスマホとセットで契約することで、割引が受けられるものを検討する」という鉄則があります。

インターネット回線の中には、スマホと契約を組み合わせることによって、スマホの毎月の料金から割引を受けることができるものが多くあります。

以下、セット割が使える回線の一例です。

<光回線とスマホのセット割の例>

使っているスマホ セットでお得になる光回線
ドコモ ドコモ光
au auひかり、ビッグローブ光、コミュファ光、eo光など
ソフトバンク ソフトバンク光、NURO光

なぜ、このスマホ割が最も重視されるのかと言うと、多くの場合、スマホ1台毎に割引を受けることができるからです。

光回線は自宅で契約をすることが多いと思います。家族で同じキャリアのスマホを使っている場合は、まとまった割引を受けることができます。

ですので、まずは「使っているキャリアとのセット割ができる回線」を意識してください。

キャッシュバックと条件

光回線の契約の窓口は多くありますが、大抵の場合は、WEB上の「代理店」から申し込む方法が、一番お得な条件で契約をすることができます。

しかし、どこで申し込む場合でも言えることなのですが、キャッシュバックやキャンペーンの内容だけで判断をしてしまうのは早急です。

  • キャッシュバックをもらうために、複数のオプションに入らないといけないことがある
  • キャッシュバックをもらうための手続きが面倒なことがある
  • 実際に振り込まれるのが数ヶ月~1年以上先のことがある
  • 契約期間の縛りや違約金が高くなることがある

キャッシュバックやキャンペーンを使うときは、以上のようなケースがあることを知っておくことが大切です。より確実に、少しでもリスクを減らして、キャッシュバックやキャンペーンが使えるところを探してください。

初期費用や違約金に注意する

光回線を比較する時、毎月の支払いにばかり目がいってしまいがちですが、工事費用や事務手数料といった初期費用にも注目する必要があります。

と言うのも、先にもお伝えしたとおり、光回線の工事は決して安いものではありません。「数千円程度ならどこも同じだ」と思っていると、いざ工事が終わったあとの高額な請求に驚いてしまうかもしれません。

また、光回線を乗り換える際には、現在契約しているインターネット回線の解約金や撤去工事費が発生することがほとんどです。契約内容によりますが、かなりの高額になるケースが多いです。

そのため、乗り換えや契約をする際には、他社の違約金を還元してくれたり、工事費を無料にしてくれるものも視野に入れて下さい。

見落としがちな部分なので、必ずチェックするようにしてくださいね。

オススメの回線と申し込み先

ここまで見てきたポイントを踏まえながら、安くてお得に使える、おすすめの回線を4つ紹介します。

繰り返しますが、回線をお得に使えるかどうかは、その人の環境や条件によって変わるので、あなたに最も合った回線を見つけてください。

申し込み先は、回線の公式ホームページや家電量販店などよりも、代理店を使った方が条件の良い(お得な)契約ができますので、あわせて紹介します。

ソフトバンク光

ソフトバンク光は、携帯電話大手のソフトバンクが提供している光コラボレーションサービスです。

フレッツ光の回線を使っているので、広いエリアで使うことができます。また2020年4月から、東京や大阪市の一部エリアの戸建てで、最大通信速度10Gbpsの超高速サービス提供開始されています。

プロバイダは基本的にYahoo!BBです。

ソフトバンク光の料金

住居タイプ プラン 月額料金(契約期間)
戸建て ファミリー・ギガスピード(東日本)
ファミリー・スーパーハイスピード(西日本)
ファミリー・ハイスピード
ファミリー
5年:4,700円
2年:5,200円
なし:6,300円
ファミリー・10ギガ 5年:5,800円
2年:6,300円
なし:7,400円
ファミリー・ライト 2年:3,900~5,600円
なし:5,500~7,200円
集合住宅 マンション・ギガスピード(東日本)
マンション・スーパーハイスピード(西日本)
マンション・ハイスピード
マンション
2年:3,800円
なし:4,900円

ソフトバンク光では、ソフトバンクスマホとのセット割「おうち割光セット」を適用することができ、スマホ1台あたり1,000円の割引があります(500円~の指定オプションへの加入が必須)。

また、工事費が無料になったり、他社回線からの乗り換えで発生する違約金や撤去工事費を無料にするキャンペーンを行っています。

契約のハードルが低いのが大きなメリットです。

おすすめのキャッシュバック・キャンペーン

おすすめの代理店NEXTでは独自のキャッシュバックキャンペーンを行っています。

  • 特典A:33,000円のキャッシュバック
  • 特典B:28,000円のキャッシュバック+高速無線ルーター

NEXTは開通から2ヶ月後にはキャッシュバックが振り込まれ、オプションへの加入が不要なのも大きなメリットです。

ビッグローブ光

ビッグローブ社が提供するビッグローブ光も、高速で品質の高い人気の光回線です。

特に注目なのが、契約期間中の引っ越しにかかわる工事費が無料になるサービス。しかも何度でも適用することができるので、転勤が多い方におすすめできる回線です。

プロバイダはBIGLOBEです。

ビッグローブ光の料金(3年プランの場合)

戸建て 4,980円
集合住宅 3,980円

ビッグローブ光の料金はとてもシンプルです。

また、ビッグローブ光はauスマホの「auスマートバリュー」、BIGLOBEモバイルの「光☆SIMセット割」を適用することができます。

auスマートバリューではauのスマホ代が1台あたり500~1,000円、光☆SIMセット割ではBIGLOBEスマホが1台まで毎月300円割引されます。

おすすめの窓口

代理店NEXTではビッグローブ光でも独自のキャッシュバックキャンペーンを行っています。

キャンペーン① キャンペーン②
キャッシュバック 新規:35,000円
他社転用・事業者変更:10,000円
新規:26,000円
ビッグローブ光電話 +4,000円
ビッグローブ光テレビ +5,000円
工事費割引 300円×40回(ビッグローブ光公式割引) 最大30,000円
条件 3年プランのみ 3年プラン・2年プランどちらでも可

3年契約をする場合、①が最大56,000円、②は65,000円の還元を受けることができます。

コミュファ光

コミュファ光はKDDI系の中部テレコミュニケーション株式会社が提供する光回線です。

提供エリアが東海4県(静岡・愛知・岐阜・三重)と長野県に限られていますが、地元のユーザーから高い満足度を得ています

光コラボレーションではなく、独自の回線設備を使っているので、混雑が少なく、快適な通信を維持することができます。

プロバイダは10社から選ぶことができます。

コミュファ光の料金(光回線+光電話)

プラン 戸建て 集合住宅(棟内ファイバー方式)
10GB 4,740円(ギガデビュー割) 6,350円
5GB 3,949円(ギガデビュー割) 6,000円
1GB 3,949円(ギガデビュー割) 5,550円
300Mbps 5,050円 5,050円
30Mbps 4,110円 4,110円

料金は戸建ての方が安いという少し珍しいパターンです。

また、auスマホとのセットでauスマートバリューを適用することができます。

おすすめのキャッシュバック・キャンペーン

代理店NEXTでは以下のキャンペーンを行っています。

  • 集合住宅なら35,000円、戸建なら30,000円のキャッシュバック
  • 最大20,000円の商品券プレゼント
  • 他社からの乗り換えの際の違約金キャッシュバック+オプション加入で15,000円

上記のキャンペーンを中心に、最大で90,000円近くの高額キャッシュバックキャンペーンを行っています。

ソフトバンクエアー

ソフトバンクエアーは光回線ではありませんが、手軽に導入できる固定回線として人気があります。

ルーター機器をコンセントに挿すだけで無線(Wi-Fi)通信ができるので、工事ができない家庭でも簡単に始めることができます。回線はソフトバンクの通信です。

工事が要らないので初期費用を抑えることができ、また、持ち運ぶことができるので、引っ越しが多い方にもおすすめできます。

ソフトバンクエアーの料金

ソフトバンクスマホユーザー それ以外
月額料金 ~12ヶ月:4,300円
13ヶ月〜:4,880円
~12ヶ月:3,800円
13ヶ月〜:4,880円
おうち割光セット 1台あたり最大1,000円割引 なし

ソフトバンクスマホユーザーはおうち割光セットの割引があります。

ソフトバンク光とは異なり、オプションに加入しなくてもセット割を適用することができます。

おすすめのキャッシュバック・キャンペーン

代理店NEXTで行っているキャッシュバックキャンペーンは以下のとおり。

  • 30,000円キャッシュバック
  • 他社からの乗り換えの際は違約金、撤去工事費用を満額還元(ソフトバンク公式)
  • 最初の12ヶ月の料金を割引(ソフトバンク公式)

独自のキャッシュバックとして30,000円のキャンペーンを行っているので、公式サイトから申し込むよりも断然お得です。

まとめ

今回は、安いインターネット回線を選ぶ方法と、おすすめの回線を紹介しました。

結果的に「安い」を実現するためには、以下の点に注意してください。

  • 回線を選ぶ際は、スマホとのセット割引きがあるところを中心に選ぶ
  • キャッシュバックの受け取り方法や条件を知っておく
  • 工事費や違約金の免除があるかも確認する

また、安さだけではなく、通信の品質や速度など、最も大切な部分もしっかりと確認するようにしてくださいね。

みなさんが後悔しない、自分に一番合ったお得なインターネット回線を見つけられることを願っています。